倉庫を借りる|円満経営の鍵はコレ! トランクルームをうまく活用しよう
男性

円満経営の鍵はコレ! トランクルームをうまく活用しよう

倉庫を借りる

ダンボール

製造メーカー側からすると商品をより多く作る事で商売、売り上げを増やし、利益発展へ繋げるのを趣旨としていますが、近年では有る程度販売予測が立てられるものを先に生産し、販売を後に回す手法も多くとられていると思います。こうする事で発生する問題としては在庫商品や在庫額が増加し、販売に繋がっていないためお金の回収も先延ばしになり、物流倉庫で備蓄せざるを得ない状況になり、在庫問題が原因で倒産する会社も少なからずあります。企業自体にある程度資金体力があれば別ですが、ただこういう手法はさらなる問題に繋がる恐れがあるので良いとは言えません。なぜなら在庫が増えれば倉庫スペースが必要になってくるからです。アイテムにもよりますが、長期間保管する事で、逆に商品に傷みが生じて不良品になってしまうなど懸念する問題は多くあるため、商品の適正在庫や適正な生産スケジュールは出来るだけきちんと管理出来る体制が必要です。

自社で作っている商品があればなおのこと倉庫問題というのは切ってもきれない問題の一つになってくると思います。物流倉庫を持つ会社も数多くあると思いますが、一体どのぐらい自社の倉庫をきちんと管理しているのでしょうか。私が考える物流倉庫というのは商品在庫を備蓄するための倉庫ではなく常に物が動き続ける倉庫だと考えています。ただ、どうしても納期の問題やコストの問題で予定と違った商品手配を強いられる時があります。そんな時こそ、問題解決のチャンスではないでしょうか。例えば予定より早く商品を作って倉庫にいれなければならないとなったら、物流倉庫の方で滞留している在庫をなんとか出荷させる、または販売するという措置をとらなければなりません。人は見えない物に関してはさほど意識が集中する事はないので、物流倉庫を管理していく上で一つ大切なのは定期的にルーティーン作業として倉庫内の整頓や倉庫チェックするという事が大切だと感じています。