2つの違い|円満経営の鍵はコレ! トランクルームをうまく活用しよう
男性

円満経営の鍵はコレ! トランクルームをうまく活用しよう

2つの違い

倉庫

レンタル倉庫とトランクルームの違いについてさほど理解していない人もいるでしょう。この2つの違いを知っていれば使い分けできるようになります。まず、法人がレンタル倉庫を借りる時は、不動産賃貸契約をした上で借りなければなりません。賃貸と同等の扱いとなるからです。しかし実際の用途は物を預けることですから、大切な書類やちょっとした在庫品を保管することができます。法人が商売として取り扱っている在庫品の保管を行なう場合は、それに対応しているレンタル倉庫を探さなくていけません。ちなみにレンタル倉庫に預けた物の保管責任はご自身で負担しなければなりません。レンタル倉庫を使う場合は、空調調整が整ったところを利用するようにします。

トランクルームは寄託契約で預けます。これがまずレンタル倉庫との違いです。そして、預けた物品の保管管理も付いています。こちらもレンタル倉庫との大きな違いです。空調整備が付いているところもありますから、物品などのカビやすい在庫品も預けやすいです。また、自社に収納スペースが少ない場合は、商品以外のものを預けることも可能です。

どちらを利用するかは使い方によります。他にも双方には色んな違いがありますから、それらも調べた上で契約してください。ちなみにどちらも物を収納するスペースとして変わりはありません。レンタル倉庫もトランクルームも月々保管料が取られますから、収入に見合った料金のところを選んでください。